肌を傷めないスキンケア方法について

ケアは手指をフル活用

自宅でスキンケアをする際には美顔器を使用をする方も多いでしょう。また、化粧水のパッティングをする際には、コットンを使う方もいますね。メイク落としをする際にコットンを使うのは構いませんが、スキンケアにおいては基本的に手指を使うようにしましょう。洗顔だけではなく、その他のスキンケアを含めて指を使う方が肌に良いです。コットンを使用するとコットンの刺激がお肌にダメージを与えることがあります。またコットンの繊維が肌に残ってしまい、ここに雑菌が付着することもあるのですよ。

その雑菌が毛穴に入り込んでしまうと、毛穴が炎症を起こし、吹き出物やニキビの原因を作ってしまうことにもなりかねません。化粧水のパッティングをする際にも指を使うことで、手指の温度により肌がリラックスするので、美容成分を吸収しやすくなるのです。お肌がしっとりと執着するような状況に変わる瞬間を、手指で確かめながらパッティングを繰り返しましょう。

乳液やジェルなどを肌に塗布する際にも手指をしっかりと使いながら細かな部分にまで丁寧に美容成分を届けてあげましょう。自分の指を使って丁寧にスキンケアをすることで、お肌にリラックス効果を与えることが重要なのです。